Pianist Mieko Eigen

永源美恵子 Mieko Eigen



●経歴
東京都出身3才よりピアノを始める。
国立音楽大学附属小、中、高等学校音楽科卒。
1980年国立音楽大学器楽科ピアノ専攻入学。
1983年学内オーディションに合格し、第58回ソロ室内楽定期演奏会にて演奏。
同年、町田市主催、町田市民演奏会にて演奏。
1984年同大学を首席で卒業。武岡賞受賞。
同年 読売新聞社主催 読売新人演奏会、国立音楽大学東京支部、福島支部主催演奏会等に出演。
1992年 第2回ABC新人オーディション合格。入賞。大阪ザ・シンフォニーホールにて演奏。2002年、スタインウェイ本社ショールームにてリサイタルを開催。
地域での講師活動は25年以上。「音の絵」を主催し、発表活動も20回を越える。これまで、東京文化会館大ホール、ザ・シンフォニーホール大ホール等でソロ演奏。
演奏曲は、ラフマニノフ 、 スクリャービン 等、ロシアの作曲家をはじめ、 ショパン 、 ベートーヴェン 等幅広いレパートリーを持つ。 ピアノを故ウラジーミル竹内、カピトリーナ竹内 の各氏に師事。

●竹内先生の推薦文
Ms.Mieko Eigen was student of mine at Kunitachi College of Music.
During her studies there,She proved herself to be an exceptionally talented musician with a splendid technique.
She is very musical and has a deep understanding of the music architecture.
Her technique is very solid,very refined,and she can play any piace with great facility.
An example of this is her playing of Stravinsky's Petrouchka,a work she plays with great ease, fluency and conviction. She graduated Kunitachi Collage of Music as the top, number one,student.
Since than,she has continued to study privately with me, enlarging her repertoire and giving recitals.
For one of her last recitals, she chose to include Scriabin's complete op.12 Etudes.
As you might well know, there are demanding piaces, and she has played them with professional ease.
Once more,I would like to re-iterate than Ms. Mieko Eigen is a wonderful musician equipped with first class technique,excellent,timbre,and is lucky to be graced with musical expressiveness.

Vladimir Takenouchi

●最近の演奏活動
ピアノリサイタル(実に不思議の国のロシア)
東日本大震災チャリティーコンサート
多摩六都科学館マタニティコンサート
老人ホームでのコンサートなど。 演奏のご依頼も承っております。(お問い合わせフォームから)